ベランダからの追放|ハクビシン駆除して被害拡大を防ぐ|見つけたらすぐに業者へ連絡

ハクビシン駆除して被害拡大を防ぐ|見つけたらすぐに業者へ連絡

男の人

ベランダからの追放

ハト

被害にあった際の対応

ベランダで鳩の糞を見つけた場合は直ちに対策が必要となる。これは、糞を見つけた場所が鳩が習慣的に立ち寄る場所だと考えられるからだ。鳩の糞にはクリプトコックス病、肺炎などの病原となる物質が含まれるほか、ダニ、シラミなどが含まれているので、その処理にも注意を要す。糞を拡散するとこれらの病原や微生物を吸い込んでしまうので、必ず湿らせた古新聞などで剥ぎ取るように掃除を行う。続いてベランダに近づけないような対策を施す。もっとも効果的と考えられる方法として、ベランダ外周全体に防鳥ネットを張り巡らせる方法が挙げられる。この対策が困難な場合は、剣山式の鳥よけの設置、忌避剤の散布などの対策も鳩を近づけさせない手段として効果的と考えられる。

安全確認をさせない

鳩は安全確認を行って侵入することが特徴として挙げられる。確認する手段として、鳩の糞がその場所にあるか、回りを見渡して確認できるかという方法で安全確認する。そのため、鳩の糞を見つけた場合は直ちに掃除すること、ベランダの中で周りを見渡せる場所に止まらせないことが重要なポイントとなる。前者の場合はこまめに掃除を行うしかないが、後者の場合はいろいろな対策グッズがホームセンター等で市販されているので、試用してみるとよい。鳩は鳥獣保護法などで捕獲、駆除が禁止されている。そのため、自己防衛的な対策を採るしかない。鳩の習慣を断ち切るのには相当な継続的努力が必要となるが、鳩対策を行う専門業者も存在するので、自己努力では解決できない場合は作業を委託してもよい。