巣を見つけたら|ハクビシン駆除して被害拡大を防ぐ|見つけたらすぐに業者へ連絡

ハクビシン駆除して被害拡大を防ぐ|見つけたらすぐに業者へ連絡

男の人

巣を見つけたら

ハチ

近づかない

キイロスズメバチは、民家の天井裏や壁裏、軒下などに巣を作ります。さらに、都市環境にも適応し、市街地でも巣を作ることも多くなっています。巣の周囲は、最大10m程度が警戒範囲となっており、その中に人や動物が侵入すると、アゴをカチカチとさせて音で警告し、それを無視すると攻撃します。キイロスズメバチは気性が激しく、巣の周辺での音や振動に過敏に反応する傾向があります。そのため、人が多い住宅街にある巣は、キイロスズメバチを刺激してしまうことが多く、危険性が高まります。特に7月以降は繁殖のピークとなり攻撃性が高まるため、巣に近づいただけでも刺されることがあります。したがって、巣を見つけた場合には、不用意に近づかないことが重要です。

専門家に相談する

キイロスズメバチは、気温が20℃超える5月くらいから巣を作り始めます。巣の規模が小さい間に駆除するのが良いのですが、最初に巣を作るのは、屋根裏などの閉鎖された場所が多いため、見つけるのは難しいです。巣の規模が大きくなり、屋根裏などが手狭になると、軒下などに大きな巣を作り引っ越すこともあります。大きな巣は直径1mを超え、キイロスズメバチの数も1000匹を超える大規模なものとなります。キイロスズメバチに刺される被害も、巣の規模が大きくなる時期に増えます。そのため、人通りの多いエリアなどでは、駆除が必要となります。ただし、駆除作業中に刺される被害もでていますので、無理せず地元の自治体や駆除業者に相談してみましょう。キイロスズメバチの巣でしたら、自治体で対処してくれる場合も多いですし、駆除費用の補助を受けられることもあります。