ハクビシン駆除して被害拡大を防ぐ|見つけたらすぐに業者へ連絡

レディ
ねずみ

プロの作業が必要な理由

ねずみは食料の食い荒らしだけではなく、危険な菌による被害ももたらします。衛生も含めたねずみ駆除は、プロの専門業者が確実です。飲食店や一般家庭において、姿を見ないで済むねずみ駆除は、事前に相談しておくと安心でしょう。

もっと読む

ハト

ベランダからの追放

鳩は一定の習慣に基づき、かつ安全確認を行いながら行動する。安全確認をさせないことが対策として重要となる。糞を見つけた場合は直ちに掃除を行うこと、周囲を確認できるような場所に止まれないようにすることが最も効果的な対策と考えられる。

もっと読む

ハクビシンの駆除の必要性

ハクビシン

ハクビシンの生態や特徴

ハクビシンは、本来は日本には住んでいなかったのですが、毛皮を利用するために海外から輸入されました。それが逃げて野生化し、人間の食べ物をあさるようになったので、現在の日本ではハクビシン駆除が頻繁におこなわれるようになっています。また、ハクビシンには家族で生活する習性があるので、子供が生まれれば生まれるほど、ねぐらが大きくなっていきます。その分だけ被害は拡大しますし、しかも寿命はやや長く、20年ほど生きることもあります。つまりその間は被害が拡大し続けるということですから、それを食い止めるためにもハクビシン駆除は積極的におこなわれています。見た目は猫やタヌキに似ていますが、ハクビシンの顔には縦方向に白い筋があります。そのためハクビシン駆除は、こういった特徴の違いを考慮しながら、他の動物と間違えないように気をつけておこなわれています。

健康や住宅を守るためにも

ハクビシン駆除をすることは、人間の健康状態を維持することにもつながります。なぜならハクビシンの体には、呼吸器に悪影響を及ぼすウイルスがついていることがあるからです。つまりハクビシンを野放しにしておくと、人間がこのウイルスに感染するリスクが高くなるということです。また、ハクビシンは住宅の壁や屋根の中でねぐらを作ることがあります。壁や屋根に埋め込まれている断熱材を、鋭い歯や爪でちぎったりほぐしたりするので、これにより住宅の断熱性は低下します。つまりハクビシン駆除は、住宅を守るためにも必要と言えるのです。断熱材を使って建築する住宅が増えていることから、住宅でのハクビシン駆除も増えています。そのことからも、ハクビシン駆除の必要性は高まっているのです。

ハチ

巣を見つけたら

キイロスズメバチは、巣の周辺では攻撃的になるため、住宅街などに巣がある場合は危険性が高まります。気が立っていると、巣に近づいただけで刺されることもあるので、場所によっては早急な巣の駆除が必要になります。自治体が対処してくれる場合もありますので、確認してみましょう。

もっと読む